FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《aiko》宇多田ヒカルもデビュー10周年

出演者 John K. Gillespie(ジョン K. ギレスピー)、嶋川 洋一、Jason Hatchell (ジェイソン・ハッチェル)、AIKO (DJ AIKO62) 実践ビジネス英語 放送:(水?金) 午後10:35?10:50 再放送:(日) 午前10:30?11:15 ※3回まとめて放送。

aikoのステージングは彼のここらへんの捌きっぷりに影響を受けていると思う。

17.West Home Town めんたいソングはビリー降臨。

ブートキャンプのビリーではない。

ピアノマン・Billy Joelだ。

それを観るだけでこちらはうれしくなる。

7. 久し振りに会う友達を待っている時のBGM 彼女/aiko 友達なのにね・・・。

きっと男友達っていう想定で。

8. 遠くへ行ってしまう大好きな人と最後に会う日のBGM 星になれたら/ミスチル 淋しくなんかないよ。

【シングルチャート】 2位 「60s 70s 80s」 安室奈美恵 11.5万枚 3位 「二人」 aiko 6.9万枚 5位 「ジンギスカン」 Berryz工房 3.1万枚 12位 「SAKURA?花霞?」 中島美嘉 aikoさんの 「二人」 も3位にランクインしています。

あとはベリ工リクエストは「愛の病」 よく考えたら、私の初めて手にしたaikoのアルバムは「桜の木の下」で、その一曲目である「愛の病」はとーぜん、「私の初めて聴いたaikoのアルバム曲」ってことになる。

いろいろ思い出ガタリはあとにしてaiko同様、宇多田ヒカルも久々にアルバムを出しますねぇ…この人も1998年にメジャーデビューしたアーティストの一人。

デビュー当時はまったくといっていいほど興味がなかったんだけど、それでもラジオを車内で一日かけていると。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。